ピル通販/避妊、月経トラブル、ホルモン異常は低用量ピルで解決

ピル通販/ピルライフをより便利により快適に過ごしましょう

ピル通販

 

 ピル通販はピル熟練者には非常に便利なシステムとなっております。もちろん、便利に利用する上で注意事項も有るのですが守るべき所を守れば、より快適にピルと上手に付き合う事が可能になります。

 

まず、通販を使用する上での注意点を挙げて行きたいと思います。水を差すような事を言うようで申し訳ないのですが便利なピル通販ですが全ての通販サイトが正規品を扱ってるとは限りません。

 

悪徳商法に引っかからない為にもピル熟練者で有る事が重要です。医師の指示のもとピルの基礎知識を身に着けて正規品をしっかり把握して数ある通販サイトの中から、しっかりした、信頼して良い通販サイトを見付ける事から始めましょう。

 

 

身に着けたピルの知識は決して邪魔にはなりません。初回から便利なピル通販に飛びつくのではなく自身の身体の事など良く把握して相性の良いピルを医師と一緒に選んで下さい。

 

問題なく相性も良い事を実証済みの上で快適にピルの通販を利用して頂きたいと思います。知識が浅いまま通販に手を出すと落とし穴は意外にも大きく、幾つも口を開けて待ってます。

 

正しい知識を身に着け、自分の身を自分で守りつつ便利さを上手に取り入れていって欲しいと思います。

 

「落とし穴」の一例を申しますと、通販と言う形で便利なシステムは構築されてはいますが、いざキャンセルしたくてもクーリングオフが適応されない等が有りますね。

 

訪問販売等で強引に売られた訳では無く自身で閲覧し、自身で購入を決断した場合、クーリングオフは適応外になる点など把握した上で利用いただきたいと思います。

 

ピル通販は便利で良心的で初めて、その機能を果たします、機能してる便利な通販サイトはこちら

 

ピル効果

 

 ピルの効果は、ご自身に合ったピルを飲み始める事で得る事が出来ます。どんな目的で服用を始めるかは人それぞれですが避妊効果を求めて飲み始めた方で、生理の初日から飲み始めるデイワンタイプを選んだ方は服用初日からピルの避妊効果を得られてます。

 

因みにサンデータイプを選択した場合は、ピル服用開始後7日目から避妊効果を得られます。

 

更に述べますと、それ以外にも肌質が改善する、PMSの不快症状が軽くなる、量も多く辛かった生理が軽くなる等の嬉しい副効果も後々体感できる事と思います。

 

 

もちろん、いずれのタイプで始めたとしても、服用から2時間以内の下痢・嘔吐等の排出現象が無い事が最低条件ですが。そして21日間実薬を自分で決めた同じ時間に毎日服用する事で、その効果は持続されます。

 

仮に飲み忘れが有り、且つ避妊を措置を別段、講じなかった時は場合によっては緊急避妊の対処が必要になります。ピルの実薬を飲み忘れると避妊効果は薄れてしまいますので注意が必要です。

 

(飲み忘れた時の対応策は、次のコーナーにて紹介したいと思います。)

 

因みに避妊が目的で飲み始める方が多いと思いますが、逆転の発想で将来の家族計画の為に、今は疲れ気味の卵巣を休ませてあげる事を第一目的として飲み始めるケースもありますね。

 

処方時、注意事項として説明を受けたかもしれませんが、ピルの服用を中止した後、高い確率で妊娠しやすくなりますので、欲しいタイミングではないという時は、徹底して避妊しましょう。

 

ピルの効果は避妊だけに留まりません、多岐に亘ります、嬉しい効果を実感しましょう

 

ピル飲み忘れ

 

 ピルの飲み忘れについて、対処法・対策等紹介していきたいと思います。どんなにピルが優れていても飲み忘れてしまえば思惑通りの効果を発揮する事は出来ません。

 

ただ、飲み忘れと言っても、12時間以内ならセーフなんですよね。気付いた時点で直ぐに、まず、その一錠を飲んでください。次のピルも予め決めてある任意の通常通りの時間に通常通り、1錠服用してください。

 

服用間隔が近い事は全く気にしないで大丈夫です。12時間以内の飲み忘れの時は、この対応を取るだけで問題は解決です。

 

ピルは飲み忘れたタイミングによって対応策も、大きく違ってきますので順を追って解説したいと思います。

 

まず、1週目のシートを2〜3日飲み忘れた、若しくは連続はしてないが2〜3日、どこかのタイミングで飲み忘れが有った場合。

 

ベターな方法ですが一切の性交を控え、服用を中止し、次の生理が来てから新しいシートを再開しましょう。

 

例えデイワンタイプで始めたとしても、ピルの避妊効果は、こういった飲み忘れが発生してる状況では全く発揮されてませんのでコンドームを用いて避妊してください。

 

仮に、この状況下で妊娠を望んでないのに、無防備な性交が有った場合は事後72時間以内に服用する事で妊娠を回避できるアフターピルを処方してもらいましょう。

 

 

では次に、シートのもっと後半で飲み忘れてしまった場合の対処法を説明します。15錠目〜21錠目の間の飲み忘れについて解説していきます。

 

勿論、気付いた時点で直ぐに服用するのが一番なのですが。

 

飲み忘れに気付くまで時間が掛かり過ぎてしまった。等有る場合は下記に解説する通り行動してみて下さい。

 

 

15日〜21目までの間の飲み忘れが発覚した場合は最後まで服用した後、休薬しないで次のシートを服用しましょう。15錠目以前に飲み忘れが無いのであれば避妊効果は発揮されてます。

 

休薬を8日以上儲けると避妊効果は無くなり危険なのですが、逆に休薬をしない場合は別段、避妊効果を損なってしまったり等のリスクが生じることは有りません。

 

ピルは飲み忘れては効果が発揮できません、通販で届くタイミング等も考慮して早目に注文しましょう

 

ピル安全性

 

ピルの安全性って、長く服用していく物だから余計に気になりますよね。大丈夫です。もちろん
ピルの安全性は保障されてます。

 

 

ただ、ピルの安全性とピルの副作用は別物ですが。副作用が付きまとうものが安全と言えるのか!と声が聞こえてきそうですが。再度申し上げたいと思います。

 

ピルの安全性は確立されてます。もちろん、安全に長く服用していく為に、ピルユーザーとして、逸脱してはならない点がありますが、守る所をしっかり守り、ピルの安全性をより高い物にしていきましょう。

 

一点だけ、ハッキリと述べておきたい事が有ります。副作用は、ピルの安全性に何かしらの欠陥が有るから起きる物では無く、ホルモン環境が変わる事で起こります。

 

程度は多少、個人差はあると思いますが殆どの人が、支障なく日常生活を送ってます。

 

そして異なったホルモン環境に慣れるまでの時間も、大差ありませんが、2〜3日程ですね。

 

ではピルの安全性をより引き出す服用方法を述べて行きたいと思います。繰り返しになり、くどいと言われそうですが。基本的な所を守るのが最も重要です。

 

まずは高血圧・肝機能・腎機能・肥満・糖尿病・喫煙の有無その他、禁忌に該当する何かしらの疾患や状態が無いか医師の診断を経てから相性の良いピルを選びましょう。

 

そして何事も無く、快調に服用していても、年に2回の血液検査の実施は必ず守りましょう。

 

ピルの安全性と言う所で言えば、因みにピルと発がん性の因果関係を気に掛ける方も居ますが。かなり調べましたが、ピル服用者に癌患者が急増してる事実も無く因果関係は確認できませんでした。

 

ピルの安全性は心がけ一つで更に高い物に出来ます、安心して長く付き合って欲しいと思います

 

ピル太る

 

 ピルで太ると言う情報ですが。個人的な見解なのですが、この、固定観念的な情報、「ひとり歩き」してると思います。現状、ピルに関心が有るものの、ピルの服用に未だ前向きになれないという方も大勢居るのではないでしょうか。確かに女性にとって、やはり「太る」のは避けたい事ですね。

 

けれど、一度、その「ひとり歩き」する情報を鵜呑みにしたりせず、固定観念を捨ててピルと言うものを
しっかり学んでいって欲しいと思います。

 

まずシンプルに結論から先に記したいと思います。「ピルで太る」は飛躍しすぎですね。水分が溜まりやすくなり浮腫み易くなるのでピルで一切太らない!とは言いません。

 

 

けれど、ピルが原因で3キロも4キロも増える事はまずありません。ピルを飲み始めてからの食事内容・食事量を今一度、思い出してみて下さい。

 

ピルの嬉しい効果の一つで、PMSが改善したという声を多く聞きますが。改善する事で当然、体調も良くなりますので食欲の増加に気を付けたい所ですね。

 

食欲の増加は決して悪い事ではありませんし、副作用でも何でもありません。けれど自己管理が重要なカギとなって来ますね。

 

特に代謝の悪くなってくる年代になってくると尚更、自己管理は重要になって来ます。

 

無理して食欲を過度に抑える必要はありませんが、極力は適量をバランスよく食べて、適度な運動を怠らないようにする等、回避する方法はありますので併せて実施してほしいと思います。

 

ピルは太るものと言う固定観念を捨てて、ピルの効能、避妊、生理不順改善等を体感しましょう

 

ピル妊娠

 

 ピルは妊娠を回避してくれます。ただ、回避に至るまでに勿論守らないとならない事が有ります。

 

ピルが妊娠を回避してくれるという情報だけで軽い気持ちで性交の数時間前に服用して無防備に事に及べば高い確率で予期せぬ妊娠に至ると思います。

 

優れた薬を優れた薬にする為にはユーザーさん一人一人の正しい認識が必須になってきます。

 

皆さんはピルの事を、どこまで把握してますか?避妊希望でピルを始めた方で上記のような「危険な方法」で服用をしてる方は居ないと信じたいですが。

 

詳細を正しく把握して頂く為にも、やはり産婦人科を受診してピルを勉強して頂きたいと思います。

 

しっかりピルを勉強してピルを過信することなく、また副作用等に過剰に警戒することなくピルとの良好な関係を築いて快適な日常生活を送ってほしいと思います。

 

ピルで望まない妊娠を回避した時間が長く続いても、考えが変わり逆に妊娠を希望してピルの服用を中止すれば凡そ3カ月程で本来の生理が戻ります。

 

平均的ではありますがピルの服用を中止してから半年から1年程で妊娠に至ってます。ですので、焦る事なく妊娠を回避したい時は賢く確実に回避して受け入れ準備が整ったら迎え入れてあげましょう。

 

 

勿論、かつてのピルの影響が胎児に悪い影響を及ぼすような事もなく、勿論、ピルの影響を受け不妊症になってしまってるなんて事も有りません。

 

ただ、ピルの決まりとして、半年に1回は腎機能・肝機能に過度に負担が掛かってないか・血栓所のリスクは高くなってないか等、医療機関で必ずチェックを受けてください。

 

 

 

 

 

ピルと妊娠の関係は正しく飲めば、その関係が悪化することは有りません。上手に付き合いましょう

 
ホーム RSS購読 サイトマップ